【エレキギターを始めるにあたって準備するもの5】シールド

kanataです!!!
初心者に向けてお送りしている【エレキギターを始めるにあたって準備するもの】シリーズ。

【エレキギターを始めるにあたって準備するもの1】エレキギター本体
【エレキギターを始めるにあたって準備するもの2】チューナー
【エレキギターを始めるにあたって準備するもの3】ピック
【エレキギターを始めるにあたって準備するもの4】アンプ

今回はシールド編です。

シールドとはギターとアンプを繋ぐ際に必要になるあのちょっと太めのケーブルの事です。
当然、これがないとアンプから音は出せません(笑)

ここまで読んできて頂いた方はお分かりかと思いますが、エレキギターは正直お金がかかります(笑
妥協しまくればイチキュッパのエレキギター入門セットなんてものもありますが、 【エレキギターを始めるにあたって準備するもの1】 でも話したように、信頼性に欠けるためオススメはできません。

で、妥協せずにしっかりとしたギターやアンプを手に入れたとするじゃないですか?
するとですね、大抵の初心者の方はこう思うんです。

「シールドは別に安いヤツでいいや、ここでちょっとでも節約しておこう」

と。。。
これ、ダメです(笑)

シールドこそ、値段が性能に直結しています!!!
ですので、高いシールドを買えとはいいませんが、安すぎるシールドはやめた方がイイです。
安すぎるシールドは「ジー、ジー」というノイズが入りやすいですし、断線しやすいです。
シールドもちゃんとしたモノを選びましょう☆

メーカーは色々ありますが、
モンスターケーブルやプロビデンスなどが有名でしょうか?
ちなみに僕はEX-PROというメーカーのモノを使っています。
何でかと言うと、昔から使っているからです(笑)
「シールド(ケーブル)類は、異なるメーカーの物を同時に使うより、同じメーカーのモノを使った方が良い」
というのをどこかで聞いた事がありまして、機材の量が増えてくるとそれらをケーブルで繋がないといけないので、EX-PROを使っている僕は、自然とEX-PROのケーブルを買い足すワケで…
そんな積み重ねで今日まで至ると…
そういう感じです(笑)

でもEX-PROはとてもいいですよ☆
袋もオシャレです(関係ないけど。笑)
値段は高めで(といってもそんなに高い訳ではない)、EX-PROを売っていない楽器屋さんもたまにありますが(笑)

まぁ、どれがいいか迷ったら一番高いシールドを買っておけば間違いないです!笑

ただし、気をつけて欲しいのは【長さ】です。
気合い入れて10mとか買うのはやめましょう(笑) 家庭用においては無駄です。
ライブでも…そんなに長さはいらないかも。
3mくらいで十分じゃないでしょうか?お部屋の広さとか、使い方によってだとは思いますが、、、。
実際に何mあれば十分な長さなのか測ってから購入しましょう!!
当然ですが、値段も長さが長くなればなる程高くなりますし、ノイズや断線の心配も大きくなりますので注意しましょう!
ご利用は計画的に(笑)

さて、次回はメトロノーム(クリック)についてです!!
乞うご期待〜☆


コメントを残す