【エレキギターを始めるにあたって準備するもの1】エレキギター本体

tanakaです!!

これからギターを始めようと思っている方、始めてみたものの何から始めていいか分からない方、今日はそんな初心者の方に向けて、まずは「これらは買っておいた方が良いです」というものを数回に分けて紹介したいと思います☆

まずはざっと一覧にして書き出しますね。

  1. エレキギター本体
  2. チューナー
  3. ピック
  4. アンプ
  5. シールド
  6. メトロノーム(クリック)
  7. シリコンクロス

最低限、これらは準備しましょう!

ひとつずつ説明していきます。

まずは「エレキギター本体」。
そもそもエレキギターがないと始まる物も始まりません(笑)頑張って買いましょう☆笑

以下、かなり長文になってしまいますが、すごく大事な事なので、ギターの購入を考えている方はぜひ読んでみてください☆

エレキギターを購入する際の注意点は、しっかりとチューニングが安定するギターを選ぶという事です。
安すぎるギターはチューニングが不安定になる事が多いので、あまり安すぎるのはオススメしません。
(※チューニングというのは、音の高さを規定の高さに合わせるという事です。調律ともいいます。)

まぁ今のギターはしっかりしているものが多いので「チューニングの安定」という点ではあまり心配しなくてもいいとは思いますが、通販によくある「1万9千8百円のビギナーズセット!!」みたいなのはやめましょう。
ビギナーズセットはギター本体と上記のアクセサリーがほとんどついてくる事が多いですが、ギターもよく分からないメーカーのものも多いですし、全部ついてきてイチキュッパはハッキリ言って信頼度に欠けます。
そして、なにより「通販」というのが問題です。
購入して手元に届くまでどんなモノなのかよく分かりませんからね。

だから必ずお店に出向いて購入する事。

お店にはこれから購入するであろうギターはもちろんの事、なにより店員さんという心強い味方がいます!!
分からない事は店員さんに聞きましょう! お店に入るのが慣れていないと恥ずかしかったり、緊張したりするとは思いますが「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」です。

さぁ、お店に入ったらさっそくギター選びです☆
まずは値段は考えず、好みの見た目をしたギターを数本選んでみてください。
コレ、すごく大事です。
後々のモチベーションにすごーーーく影響します。
どうせやるなら自分がカッコいいと思うギターがいいですもんね。

次に店員さんを呼んでこう言ってみてください。
「すいません、あのギターとあのギターを弾いてみたいんですけど」と。
すると店員さんは快くお目当てのギターをチューニングして、あなたに差し出すでしょう。

「ちょっと待て、ギター渡されたはいいけど弾けないんですけど。。。」

と思ったあなた、それでいいでんす。
弾くのが目的ではなくて、実際に手に取って、感触を確かめる事が大事なんです。
実際に手に取ってみると嬉しさがこみ上げて顔がニヤッとするはずです(笑)
見た目と手に取った感触、最初はこれで選ぶしか無いんですよね。
だっていい音が出るかとか初心者には分かりませんし、そもそも弾けませんから、判断のしようがありませんもん。しょうがないです(笑)
もし回りにギターが弾ける人がいたら一緒についていってもらうのは凄くいいと思います。
そして、その人にギターを弾いてもらって、その人の意見も聞きつつ、自分でどちらの音が好みか判断するのもアリです。
ちなみに僕はよく生徒さんのギター購入に付き合って、いろいろアドバイスしてますよ☆笑

そして、見た目や感触、音色から候補を2本くらいまで絞ります。
その際、必ずメーカーと品種や型番を控えましょう。
(例えば、メーカー:ギブソン 品種:レスポールカスタム 2000年製など)
そうしたら…いざ購入!!
…はせずに、「検討します」といって帰りましょう(笑)
他の店に行って同じ事をするのもアリです。

そして、一晩〜一週間、その控えたメーカーと型番についてネットなどで調べて、他の人がそのギターに対してどういう意見を持っているのか参考にしてみましょう。
ただし、ギターはおなじ型番でも個体差があるので鵜呑みにはしない事!あくまで参考程度に。
また、頭を冷やして、冷静にどちらのギターが良かったか(自分を呼んでいたか)を考えてみましょう。

さぁ、頭を冷やしたら、翌日以降にまたお店に出向いてもう一度2本の候補ギターを店員さんに出してもらってください。
もう一度手に取ってみて、自分の気持ちを確かめるのです。

そして、最後の最後に値段を考える。

ここでもし予算を大幅にオーバーしていたのであれば、店員さんに同じ様なギターでもう少し安い物がないか聞いてみて下さい。
また、ちょっと予算オーバーなくらいなら、思い切ってローンで購入するのもアリだと思います。
(ローンを推奨しているわけではないですよ。笑)

じゃぁ大体の値段の相場ってどのくらいですか? なんて声が聞こえてきそうなので正直に言います。
5~6万は見た方がよいでしょうね。(本当は最低でも10万と言いたい所ですが…笑)
値段が全てではないですが、最低限このくらいコストをかけているギターの方が間違いないです。

でもやっぱり一番はフィーリングですよ!!
自分がこれがいいと思ったら、このギターが自分を呼んでいると思ったら、それはきっともう運命の出会いなんだと思います。
音楽をやる上でフィーリングは大事ですからね。ギター選びからあなたのギターライフはもう始まってるんです☆

っと、かなり長文になってしまいましたが、ギター購入に関してはこんな所でしょうか。
すごく大事な事なので、ついつい長くなってしまいました。
本当はもっといっぱい詳しく書きたいのですが、、、それはまたの機会に(笑)

さて次回はチューナーについてです!
乞うご期待〜


【エレキギターを始めるにあたって準備するもの1】エレキギター本体” への7件のコメント

  1. まいまい☆ より:

    こんばんは!

    これからギターを買おうとしている者です。ブログ、拝見いたしました。参考にさせていただきます!
    ありがとうございました。

    • kanata より:

      まいまい☆さん
      コメントありがとうございます!
      参考になったみたいで良かったです☆
      運命のギターに出会えると良いですね(^^)
      応援してますっ

  2. ピンバック: ピックの種類について

  3. ピンバック: アンプを購入する際の注意点やあれこれ

  4. ピンバック: ギター用シールド購入の際の注意点。値段で妥協はしない事。

  5. ピンバック: 上達の秘訣はメトロノームを使う事

  6. ピンバック: ギターを清潔に保ち、末永く付き合っていく為に…

コメントを残す